外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島第1原発で増え続ける汚染水対策で、茂木敏充経済産業相は30日、東京電力の広瀬直己社長を呼び、建屋周囲の土壌を凍結させて遮水壁を設け、地下水の流入を抑制するよう指示した。この日開かれた政府の汚染水処理対策委員会が「凍土遮水壁」を有力な対策として取りまとめた。6月に改定する廃炉工程表に盛り込む。政府は、遮水効果が高く、施工が容易と判断した。2015年度前半の運用開始を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信