外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は3日、首相が本部長を務める原子力災害対策本部の会議を開き、東京電力福島第1原発の汚染水漏えいに対処するための基本方針と総合的対策を決定した。政府は2013年度の予備費210億円を含む国費470億円を投入する方針。凍土壁と浄化設備の関連の総事業費は東電などが一部負担し500億円前後になる見通しだ。安倍晋三首相は会議で「東電任せにせず、政府が前面に立ち、解決に当たる。必要な財政措置を講じる」と述べた。

共同通信