外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は2日、東電福島第1原発の汚染水漏れ問題を受け、原子力災害対策本部会議を3日に開き、基本方針と総合的な対策を示す方針を決めた。関係閣僚会議も設置する。菅義偉官房長官が2日昼の政府与党連絡会議で、こうした方針を説明した。汚染水処理設備の増設のほか、国費投入にも言及する見通しだ。公明党の山口那津男代表は連絡会議で「(汚染水漏れは)極めて深刻だ。政府の全面的な取り組みをお願いしたい」と要請した。

共同通信