外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 青森県八戸市にあった畑内遺跡の江戸時代中期(18世紀)の墓で発掘された人骨から、ハンセン病を起こす病原菌のDNAを検出したと、国立感染症研究所ハンセン病研究センターの鈴木幸一室長らが26日付の米科学誌プロスワンに発表した。遺跡の人骨からのハンセン病菌のDNA検出は、欧州や中東で数例あるが、日本では初という。古病理学の成果といえそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信