外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国で清朝が倒された辛亥革命の発端となった武装蜂起から10日で100年となるのを前に、北京の人民大会堂で9日、辛亥革命100周年記念大会が開かれた。死亡説が一時出ていた江沢民前国家主席(85)が出席、死亡情報を払拭し健在ぶりをアピールした。江氏が公の場に姿を現したのは、昨年12月に上海で伝統劇を鑑賞して以来とみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信