ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

沖縄の男性転落死、自殺強要立件へ

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、2005年に沖縄で転落死した男性に自殺を強要したとして、兵庫県警が自殺教唆や保険金詐欺の容疑で、角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の親族らを来月にも立件する方針を固めた。10日、捜査関係者への取材で分かった。親族らが金策を迫り「自殺以外に逃れられない」と思い込ませた可能性があり、兵庫県警は自殺教唆ではなく、異例の殺人容疑の適用も検討。神戸地検と協議している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。