外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本側に返還された米軍のキャンプ桑江(沖縄県北谷町)跡地で、米軍の燃料とみられる油による土壌汚染が見つかったことが22日、分かった。共同通信が入手した防衛省沖縄防衛局の今年の調査報告書で判明した。ベンゼンや鉛といった他の有害物質の汚染や、調査範囲を超えた汚染の広がりがある恐れが強く、沖縄防衛局は「さらに調査する」としている。同キャンプを含め沖縄の米軍基地跡地では過去にも汚染が発覚している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信