外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国高校野球選手権大会は21日、甲子園球場に満員の4万7千人の観衆を集めて決勝を行い、今春の選抜大会を制した興南(沖縄)が13―1で東海大相模(神奈川)に勝って初優勝し春夏連覇を達成した。沖縄勢として夏の大会初制覇。春夏連覇は98年に松坂大輔投手(レッドソックス)を擁した横浜以来6校目。興南は四回に打者11人の猛攻で7点を先行。計19安打で13点を奪った。島袋洋奨投手は1失点で完投。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信