外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県尼崎市の遺棄事件に絡み、別事件で起訴された角田美代子被告(64)の親族の男性=当時(51)=が、2005年に沖縄県の観光地で転落死した事故で、現場にいた別の親族が「(崖の上で)自殺に追い込まれた」と証言していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。男性は美代子被告の義妹角田三枝子被告(59)=窃盗罪で公判中=の夫。沖縄県警は当時、事故死と判断したが、事件の疑いが浮上した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信