外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 普天間飛行場など沖縄県の米軍基地の近くで捕獲されたマングースの体内に、有害なポリ塩化ビフェニールの一種が高濃度で蓄積していることを愛媛大と名桜大(沖縄県名護市)の研究グループが19日までに突き止めた。グループはマングースが生息していた米軍基地周辺に、変圧器などPCBを使った製品による汚染源がある可能性が高いとみて「他の生物や周辺住民に汚染が及んでいる可能性もあり、詳細な調査が必要だ」と指摘した。

共同通信