ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

沖縄戦跡で遺品破壊

 太平洋戦争末期の沖縄戦で住民が「集団自決」に追い込まれた沖縄県読谷村の壕「チビチリガマ」で、入り口や内部にある遺品などが壊されていたことが分かった。遺族会関係者らが12日、確認した。県警嘉手納署が現場の状況を調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。