外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄民謡ブームの立役者となった沖縄民謡歌手、登川誠仁(のぼりかわ・せいじん)さんが19日午後11時37分、肝不全のため沖縄県沖縄市の病院で死去した。80歳。沖縄県出身。自宅は沖縄市松本2の3の5。葬儀・告別式の日時は未定。喪主は長男仁(ひとし)さん。兵庫県尼崎市に生まれ、5歳で沖縄に移った。幼いころから三線と民謡に親しみ、古い民謡から自作曲まで幅広いレパートリーをこなした。速弾きを得意とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信