外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県は28日午後、沖縄防衛局が同日未明に県庁に搬入した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に向けたアセスメントの評価書を受理する方針を決め、防衛省に伝達した。対米公約の年内提出は、県の年末休暇直前に果たされた格好。だが提出をめぐる連日の混乱で県民の反発がさらに激しくなっており、移設をめぐる今後の手続きに影響を与えそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信