外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省は13日、沖縄県・久米島南方の日本の接続水域で12日深夜、国籍不明の潜水艦が潜ったまま航行するのを海上自衛隊のP3C哨戒機が確認したと発表した。防衛省関係者によると、中国の潜水艦とみられる。防衛省によると、13日朝、潜水艦が久米島の接続水域の外に出たのを確認した。接続水域での航行に国際法上の問題はないが、防衛省は警戒を続けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信