外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の仲井真弘多知事は9日、2期8年の任期を満了し、那覇市の県庁で退任記者会見を開いた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題に関し「道半ばの感が強い。解決のための具体的な取り組みを進めないといけない」と述べ、名護市辺野古移設を進める重要性を最後まで強調。「ノーと言うだけでは進まない」と語り、辺野古移設反対を掲げる翁長雄志次期知事にくぎを刺した。

共同通信