外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県教育庁は20日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部のうち、文化財の土器や石器が見つかった一部区域を文化財保護法に基づく遺跡の一種「遺物散布地」に認定したと発表した。名護市教育委員会が申請していた。市教委は遺跡の詳しい調査を実施する方針で、政府の移設計画に影響が出る可能性もある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信