外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の仲井真弘多知事は27日、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に向け政府が申請した名護市辺野古沿岸部埋め立てを承認したと正式表明した。菅義偉官房長官は会見で「速やかに準備に入り工事に着手する」と説明した。日米両政府による1996年の普天間返還合意から約17年。手詰まり状態にあった移設問題は新たな局面を迎えた。移設の是非が争点になる来年1月の名護市長選の行方が次の焦点だ。

共同通信