外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の仲井真弘多知事は2日午前、馬淵澄夫沖縄北方担当相と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先を名護市辺野古崎地区とした日米共同声明を見直し、県外移設に取り組むよう要求した。基地負担軽減も求めた。普天間問題で、仲井真氏は9月の県議会で県外移設を求める考えを表明。会談で政府側に初めて正式に伝達したことになる。馬淵氏は「県側と協議を重ねて進める」と答えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信