外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 稲田朋美防衛相は24日、沖縄県の翁長雄志知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設について「危険除去のため(名護市)辺野古への移設を安倍政権の方針としている」と理解を求めた。辺野古移設に反対する翁長氏は「沖縄の現状を認識し、過重な基地負担の軽減に真摯に取り組んでほしい」と要請した。稲田氏は会談後、記者団に対し、辺野古移設問題を巡るやりとりは「平行線だった」と説明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信