外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 40代の日本人女性に対する強制わいせつ致傷の罪に問われた在沖縄米海兵隊の伍長イアン・ターバー被告(21)の裁判員裁判で、那覇地裁は13日、求刑通り懲役4年の判決を言い渡した。鈴木秀行裁判長は判決理由で「被害者の人権を無視する卑劣で乱暴な犯行だ。女性は殺されるかもしれないと恐怖を受け、精神的苦痛は大きい」と述べた。弁護側は「計画性がない」と主張したが、鈴木裁判長は「酌量の余地はない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信