外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1957年に当時の岸信介首相が、アイゼンハワー米大統領と会談した際、米統治下にあった沖縄について「(米側の)施政権が無期限であるため、日本国民は米国民の意図に不安を抱かざるを得ない」と迫り、返還に向けた期限明示の検討を求めていたことが、30日公開の外交文書で分かった。米軍の沖縄駐留は「極東における安全保障のため必要」として岸氏は継続を認めていた。

共同通信