外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる名護市議選(定数26)は2日、告示された。32人が立候補を予定し、投開票は9日。移設反対派が過半数を維持するかどうかが焦点で、激戦の結果は翁長雄志知事の死去に伴う30日投開票の知事選の行方を左右する。県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回の影響も注目を浴びそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信