外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 歌舞伎を中心とした演劇研究、評論の第一人者として知られる早稲田大名誉教授で文化功労者の河竹登志夫(かわたけ・としお、本名俊雄=としお)さんが6日、心不全のため死去。88歳。葬儀・告別式は10日午前11時半から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻良子(よしこ)さん。江戸末期から明治にかけ活躍した狂言作者河竹黙阿弥のひ孫。日本の伝統演劇を西洋演劇と対比する比較演劇学の分野を開拓した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信