外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【香港共同】中国北京市の北京国際空港で車いすの男が爆発物を起爆させた事件で、中国メディアは21日、この男が出稼ぎ先の広東省で治安要員に殴られたため障害を負ったとして当局を訴えたが敗訴、その後も陳情を行っていたと報じた。中国では治安要員が取り締まりの際などに暴力をふるうケースが多発、今回の事件でもこうした当局への不満が動機となった可能性がある。同省公安庁も当局の対応について調査に乗り出したという。

共同通信