外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 財政破綻の懸念を抱える大阪府泉佐野市で、歳入確保のため企業から広告料収入を得ようと、市名の命名権を売却する苦肉の策が浮上していることが21日、同市への取材で明らかになった。ただ市の名称変更には、住民への説明や府知事との協議、市の条例改正などが必要でハードルは高く、実現するかどうかは不透明だ。市長公室によると、市は税収以外の収入を充実させようと、効果的な有料広告の構想を6月から募集する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信