外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 泉南アスベスト訴訟で国の賠償責任を認めた最高裁判決を受け、塩崎恭久厚生労働相は21日、大阪高裁に差し戻された第1陣訴訟の原告について、同高裁に和解を申し入れ早期に全面解決すると明らかにした。同種訴訟の原告のほか、各地のアスベスト(石綿)工場で同様の健康被害を受けた元労働者とも和解を検討する考えを表明。石綿問題で元労働者を広く救済する方針を示した。

共同通信