外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道電力が泊原発3号機の定期検査開始時期の5月上旬への先延ばしを検討していることが25日、同社への取材で分かった。これまでは4月下旬の予定としていた。近く国の了解を得て正式に決める。国内の商用原発54基中、現在も稼働しているのは東京電力柏崎刈羽6号機(新潟県)と泊3号機だけ。同6号機は3月26日に定期検査入りの予定で、再稼働する原発がなければ泊3号機の定期検査入りで国内すべての原発が停止する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信