外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 法務省は10日、保護観察中の少年1人を非常勤職員として採用したと発表した。罪を犯した人の更生や再犯防止を担う同省が自ら就労支援に乗り出すことで、企業などの受け入れ先を広げたい考えだ。一部の地方自治体では始まっているが、中央官庁では初めての取り組み。人数を増やす予定はないが、採用は継続する方針。法務省によると、2012年で保護観察中の再犯者のうち、職業に就いていたのは7・2%、無職は27・2%。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信