外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 法務省は10日、保護観察中の未成年者1人を少年鑑別所の非常勤職員に採用すると発表した。無職者の再犯率の高さが問題となる中、自ら就労先の確保に乗り出すことで他官庁や企業の協力を得たい考えだ。同省が保護観察対象者を採用するのは2人目。法務省によると、採用するのは家庭裁判所で保護処分を受けた未成年者で、期間は9月中旬から最大半年。週2日、計10時間勤務し衣類の洗濯や清掃作業を担当する。月給は約4万円。

共同通信