外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 法務省は16日、悪質な交通事故の罰則を強化する法改正原案を法制審議会(法相の諮問機関)の部会に示した。酒や薬物、発作を伴う病気などの影響で死亡事故を起こした場合、15年以下の懲役とする罪の新設が柱。部会は原案を基に議論を進めるが、反対論もあり、答申にどれだけ反映されるかが焦点となる。原案によると、新たな罪の対象は酒などの影響により「正常な運転に支障が生じる恐れがある状態」で起こした人身事故。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信