外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 威力業務妨害事件の勾留理由開示手続きがあった大阪地裁の法廷の様子が無断で録音され、インターネット動画サイト「ユーチューブ」で半年以上前から公開されていることが6日、分かった。法廷内での録音は裁判長の許可が必要で、裁判所法などにより原則禁止されている。大阪地裁は「ユーチューブに対し削除を要求した」としている。 傍聴席で録音されたとみられ、音声のみで画面には似顔絵が表示される。

共同通信