ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

法王、コンドーム使用を一部容認

 【ローマ共同】イタリアメディアによると、ローマ法王ベネディクト16世は21日までに、買売春などの際のエイズウイルス(HIV)感染防止にコンドーム使うのは容認できるとの考えを示した。ローマ法王庁は従来いかなる避妊具使用も産児制限につながるなどとして強く反対していた。法王自身も昨年のアフリカ歴訪の際「コンドームを配ることでエイズ問題は克服できない」と発言、「非科学的」などの批判を受けていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。