世界の出来事

 【ローマ共同】ローマ法王庁(バチカン)は19日、法王フランシスコが来年1月にチリとペルーを歴訪すると発表した。中南米はカトリック人口が多いが、信者は減少傾向にある。アルゼンチン出身で、中南米で人気の高い法王が存在感をアピールし、布教強化を図る狙いがあるとみられる。

共同通信

 世界の出来事