外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の発生後、津波が到達する前に避難を始めた人は63%にとどまり、周囲の安否確認を優先した人も少なくなかったことが26日、国土交通省の調査で分かった。半数以上は自動車で逃げたが、信号が消えたり渋滞したりした影響で、平均時速は9キロと小走り並みだった。調査は浸水被害のあった青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉6県の62市町村の被災者に面接、途中集計をまとめた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信