外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 在日米海兵隊は5日、沖縄本島で津波が起きた際、普天間飛行場(宜野湾市)と米軍キャンプ瑞慶覧(北中城村など)を避難経路として住民に開放する災害協定を宜野湾市、北谷町と締結した。同市によると、津波の際に在日米軍施設が住民の避難経路に使用できる災害協定の締結は全国初。海に面した同市は中央の高台に普天間飛行場、北にキャンプ瑞慶覧があり、海岸地域の住民が高台に上がるにはこれらを迂回せざるを得ない状況だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信