ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

津波警報で避難、40キロ渋滞

 震災の被災地・宮城県石巻市で昨年12月7日、津波警報が発表された際、高台へ避難しようとする車が相次いで激しい渋滞が起き、総延長が約40キロに及んだとみられることが5日、市と石巻署の調査で分かった。大半は大震災の津波浸水域。渋滞中に津波にのまれた車が多かった大震災に続き、あらためて対策の必要性が浮上した。渋滞防止のため、国は徒歩による避難を原則としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。