外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の東京電力福島第1原発事故調査・検証委員会が26日に公表する中間報告の概要が21日、調査委関係者への取材で分かった。東電の津波対策や、政府による住民への避難指示、情報提供に不備があったことを指摘する。また過酷事故への備えができていなかったため事故対応が混乱した経緯を詳しく明らかにする。さらに経済産業省原子力安全・保安院が適切に情報を集約できず、機能を十分果たさなかったとの見方を盛り込む。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信