外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経済産業省原子力安全・保安院は7日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と中国電力島根原発について、周辺の複数の活断層が連動する可能性を再検討するよう求めた。両社は「連動を考慮する必要はない」などと報告していたが、7日開かれた保安院の専門家会議で「地質構造などから連動を考慮するべきだ」との指摘が相次ぎ、保安院は再検討を指示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信