外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 インターネット上に流出した警視庁公安部などが作成したとみられる国際テロ捜査に関する文書について、警視庁が、捜査文書の可能性が高いとの見解を公表する方向で最終調整していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。週内に発表する方針。捜査関係者によると、発表の際、流出した114点について個別に真偽には触れないが、10月末の流出発覚後、実質的に初めて内部資料と認める内容になる見込み。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信