ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

浅田真央が優勝、今季世界最高点

 フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は10日、大阪市中央体育館で行われ、女子は浅田真央がショートプログラムに続いてフリーも1位となり、今季世界最高の合計205・45点で3季ぶり3度目の優勝を果たした。大技の3回転半ジャンプがフリーでは回転不足となったが、浅田は国際大会で3度目の200点超えを成し遂げ、これで今季5戦全勝。2位鈴木明子、3位村上佳菜子で、日本女子の表彰台独占は10年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。