外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 浜松市中区のJR東海浜松工場敷地内で見つかった不発弾の処理作業が17日午前、始まった。作業に伴い一部区間が避難区域内となる東海道新幹線は、浜松―豊橋間で一時運転を見合わせ、上下線計32本が最大で約1時間遅れ、約1万4千人に影響が出た。作業は午前8時半ごろ開始。陸上自衛隊の処理隊が不発弾を車両に載せ、工場から約4キロ先の遠州灘の海岸まで運んだ。午後に爆破処理される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信