外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市)に所属するUH60J救難ヘリコプターが、同基地の南約30キロの海上でレーダーから消え、連絡が取れなくなった。周辺海域でドアや燃料タンクなどの部品が見つかり、小野寺五典防衛相はヘリが墜落したと判断した。浜松救難隊の4人が搭乗しており、空自の航空機や海上自衛隊の艦艇が捜索、乗員の発見を急ぎ、詳しい状況を調べている。第3管区海上保安本部(横浜)も対策本部を設置し、捜索する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信