外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 担保株を売却して融資元に2億円の損害を与えたとして、背任罪で起訴された元衆院議員浜田幸一被告(81)が2日、千葉刑務所内の拘置施設から保釈された。千葉地裁が1日に保釈を決め、弁護人が2日に保釈保証金800万円を納付した。起訴状によると、浜田被告は05年6月、千葉市内の会社から2億円の融資を受けた後、担保として同社に預けていた企業の株券の一部を返還させ、無断で売却。2億円の損害を与えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信