外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 過去10年間に世界各地の海から、新種とみられる海の生物が6千種以上も見つかり、海の生物種の数は分かっているだけで約25万種、未発見のものを含めると100万種を超えるなどとする調査結果を4日、国際調査チームが発表した。国連などが出資、日本を含む80を超える国や地域から約2700人の科学者が参加して10年がかりで行った「海洋生物センサス(CoML)」の最終結果。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信