ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

海上配備型ミサイル防衛を増額

 【ワシントン共同】米国防総省は10日、2014会計年度(13年10月~14年9月)の国防予算案を発表した。戦費を除いた予算は前年並みの約5266億ドル(約52兆円)。ミサイル開発を加速させる北朝鮮をにらみ、海上配備型のミサイル防衛(MD)関連予算の増額を盛り込んだ。在沖縄海兵隊のグアム移転関連費については8600万ドル(約86億円)を計上した。2600万ドルの要求にとどめた13会計年度から大幅増。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。