外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は18日、海上保安庁の北村隆志長官(59)が退任、後任に佐藤雄二海上保安監(59)を昇格させる人事を固めた。佐藤氏は海上保安大学校出身で、旧運輸省や国土交通省の幹部が占めてきた長官ポストに生え抜きの現場出身者起用は初。政府関係者によると、安倍首相の強い意向という。那覇の第11管区海上保安本部で巡視船通信長を務めるなど海上警備の実務に詳しく、尖閣諸島周辺の領海警備で現場の士気を高める狙いもあるとみられる。

共同通信