世界の出来事

 日本の領海や排他的経済水域(EEZ)を定める基準となる干潮時の海岸線(低潮線)を詳細に把握するため、海上保安庁が本年度から、無人船による調査を初めて実施することが30日、分かった。海岸線は総延長約3万5千キロにも及び、調査・確定には数年かかる見込みだが、海岸線がより外側にあると確認されれば、計約447万平方キロの領海やEEZがわずかに広がる可能性がある。

共同通信

 世界の出来事