外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は14日、上下両院の軍事委員会が合意した2012会計年度国防権限法案に関し、拒否権を行使しないと発表した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設とセットになっている在沖縄海兵隊グアム移転関連費1億5千万ドル(約117億円)の同法案からの削除が確定することになる。日米両政府は、同県名護市辺野古への移設計画履行を目指す姿勢を崩していないが、困難な対応を迫られるのは必至。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信