外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京大生産技術研究所などは7日、東京電力福島第1原発の沖合などで行った海底土の放射線測定の結果、事故で放出されたとみられるセシウム137がくぼんだ地形に多く集まり、濃度が周辺より2~10倍以上高い地点が約40カ所観測されたと発表した。海底の広い範囲で、局所的に濃度の高い「ホットスポット」の分布状況を調査したのは初めてで、濃度の高い地点の長さは数十メートル~数百メートルとさまざまだった。

共同通信