外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が、外交・安全保障政策の包括的な指針として初めて策定する「国家安全保障戦略」最終案が2日、判明した。10月下旬に公表された概要に加え、中国による沖縄県・尖閣諸島周辺海空域での進出を念頭に「開かれ安定した海洋の維持・発展に向け、主導的な役割を発揮」すると明記。「現状変更の試みには冷静かつ毅然として対応」するとして、中国へのけん制をより強く打ち出したのが特徴だ。

共同通信